ネイルケアの方法 > 巻き爪の矯正治療法

巻き爪の矯正治療法

ネイルは手だけでなく足も楽しめるものです。足の爪や足そのものに対する手入れのことを、マニキュアとは区別してペティキュアと言います。とは言えネイルに関してはさほど手と変るわけではありません。そしてやはり全く同じ物でもありません。足の爪に起こりやすいものがあります。巻き爪です。
巻き爪は爪が横方向を向いた状態になったものを言います。日本人の10人に1人はなっているものです。進行すれば歩くことにも痛みを伴い、医師に診てもらわなければならない状態になったりもします。診療は皮膚科が担当となります。
治療方法は矯正か手術です。様々な治療方法がありますが、代表的なものをご紹介します。
矯正治療でマチワイヤという超弾性ワイヤーを使ったものと、B/Sスパンゲという特殊プラスティックを使うものがあります。どちらもドイツの矯正方法です。
マチワイヤは行っている医療機関はまだ少ないものですが、いずれ広まるだろうと予想されています。伸びた爪の両端に穴をあけ、マチワイヤを通します。そして余分なものは切り取り、接着剤(医療用)で固定すると言うものです。重度のものも治療できる方法です。施術も時間のかからないもので、痛みはありません。しかも巻き爪の痛みからも早く解放されます。
B/Sスパンゲは平らなスプリング状の特殊プラスティックを爪の表面に装着するものです。これにより巻き爪とその痛みを改善していくものです。
矯正治療の場合、時間がかかることと、再発の可能性があるという問題があります。