ネイルケアの方法 > ポリッシュの補完方法

ポリッシュの補完方法

ネイルアートして手軽なマニキュアですが、塗料としての正確な呼名をポリッシュと言います。

マニキュアと言うとネイティブの人からすればネイルケアをさします。

ネイルケアはもともと和製英語なのです。

ポリッシュのほかにも、ネイルカラーと言ったりします。

そのボリッシュですが、一旦瓶を開けた後のことです。

保管をきちんとしておかないと、中身やブラシがドロドロになってしまいます。

せっかくお気に入りのものでも、そんな状態では綺麗に塗ることは出来ません。

ドロドロになってしまう理由は空気との接触です。

空気に触れすぎて状態が変化してしまうのです。

出来るだけ早く蓋を閉めましょう。

といってもボトルの口に中身がついていると、ここから空気が瓶内に入ってしまいます。

保管方法ですが、重要なことは2つです。1つ目は使い終わったら、除光液を浸したコットンなどでボトルの口をしっかり拭いておくことです。2つ目は直射日光の当らない場所で保管しましょう。
ブラシに付いたドロドロのポリッシュは、除光液を使って取り除いて下さい。
既にドロドロになってしまった場合でも対処法はあります。うすめ液を使ってみましょう。これは1000円くらいからの値段で販売されています。これをボリッシュの瓶の中に2、3滴入れます。そうすると元の濃度に戻ります。ただし、何度も使えません。分離してしまったり、本来の色ではなくなってしまったりします。そうならないためにも、保管をしっかりしましょう。