ネイルケアの方法 > 水虫の予防法

水虫の予防法

ネイルを楽しみたいと思うとき、最大の敵の一つが水虫です。

ことに爪に水虫ができてしまうと痒くないとは言え、爪を白くぼろぼろにしてしまいます。

こうなるとネイルケアをしようにも出来ません。

そこで予防法をご紹介します。

水虫は真菌の一種白癬菌による感染症です。感染経路は接触感染になります。

けれども直接触れると言うわけではなく、間接接触が多いといわれています。

つまり独り暮らしの人より同居人が居る人に多いということになるのです。

最も気をつけなくてはならないのが、足拭きマットです。

お風呂のすぐ後に使われるものは一番汚染されやすいものです。

同居人に感染者が出た場合、別物を使うようにしましょう。

洗濯物が増えるのが嫌だったり、場所が確保できない場合は共有の足拭きマットを使うのを避けてもらい、使い捨てのキッチンタオルで足を拭くようにしましょう。

次が掃除です。水虫になると皮膚が剥がれ落ちますが、このときの皮膚に残る水虫にも一定時間感染力を持っているのです。

それを防止するために、こまめな掃除が必要です。

サウナや銭湯といった共同スペースに行った後にも、注意が要ります。足拭き場は避けられても、水虫の人の皮膚を裸足で踏んでいる場合があるのです。こうした場合だけでなく、学校や職場でも幹線の可能性があった場合帰ってからのケアが必要です。といっていちいち浴室に行くのは現実的ではありません。一番水虫の出来やすい足指の間をティッシュで拭きましょう。
また、水虫菌にとっても好ましくない状態にするのがベストです。それはずばり裸足です。ネイルを楽しむにも最適です。