ネイルケアの方法 > 爪の形を整えるには

爪の形を整えるには

爪のお手入れのことを一般にネイルケアと言います。ですがこれは爪のNailと手入れのCureをあわせた和製英語です。ネイティブの欧米人はマニキュア――manicure――と言っています。ラテン語の手を意味するmanusと手入れのcuraがあわさったものです。本来は手の手入れ全般をさした言葉でした。
このネイルケアは爪の形を整え、甘皮や薄皮の処理をし、マッサージで終わります。だいたいこの3段階を踏みます。どれもそう難しいものではありません。自分でやるための方法をご紹介します。
まずは形の整え方ですが、この時爪切りを使ってはいけません。爪は幾層にも分かれています。爪切りで切るとその各層の断面にヒビを入れてしまいします。これは二枚爪の原因となることもあるのです。そのため爪切りをどうしても使用する場合は、先端部分の長さをある程度までにするために使いましょう。それもお風呂上りと言ったお湯につけたあとなど、爪が柔らかいときにしましょう。それ以降はやすりを使います。エメリーボードと呼ばれるものです。人工爪を削るものはファイルと呼ばれています。目の細かさが違いです。
エメリーボードを使う時は角度に注意しましょう。爪に対し45度が目安です。また、一方方向に削るようにしましょう。これは爪を痛めないための配慮です。先端、サイド、コーナーの順です。短い方は、サイドは不要です。5本の爪全体で長さや形を統一したものにしましょう。