ネイルケアの方法 > 美しい爪にするには

美しい爪にするには

ネイルとして爪を彩るには何よりもまず、爪が丈夫で美しいことが一番です。

ネイルアートの一番の難点は爪を痛める可能性をもっていることです。

日々のケアによって回復は可能ですが、そのためにも爪を美しい状態にしておくことが大切です。

とは言え爪は指先の保護器官です。

普段の家事や仕事によってただでさえ荒れるものです。

また外的要因も荒れの理由の一つです。

夏は紫外線、冬は乾燥に気をつけなければなりません。

しかも手先はもっとも気を使いにくい場所でもあります。

特に冬場は夏の紫外線の影響を受けています。

爪に縦線が入っていたり、二枚爪といった症状が悪化する可能性もあります。

外側からの手入れだけでは限界があるのも確かです。

身体の内側から美しい爪を作ることを考えてはいかがでしょう。

それにはまず栄養の摂取――食事が大切です。

上手く栄養を取れないようでしたら、サプリメントを摂ることも重要です。

そして爪が健康ならば身体は健康と言うことがほぼ言い切れます。

末端神経や毛細血管の集積地の一つだからです。

そして爪は皮膚が硬くなったものでもあるのです。

爪に良い食生活とは皮膚に良い、すなわち美肌効果もあると言うことです。

爪は短期的に生え変わるものではありません。個人差はありますが、だいたい1日で0.1ミリ伸びます。順調なら1ヶ月かかっても約3ミリです。爪の大きさや形などによっても変りますが、爪が生え変わるのはだいたい半年前後かかることなのです。根気と継続が必要です。体質改善を加えて挑戦するのもいいかもしれません。