ネイルケアの方法 > ネイルアート

ネイルアート

手足の爪に施す装飾や化粧をネイルアートと言います。古くは紀元前のエジプト文明にその文化が合ったことをミイラが伝えています。東洋でも楊貴妃が爪を染めていたと言いますし、日本では平安期に爪を染色する技術が伝来したとされます。江戸期になると遊女たちが爪を染めていたことが知られています。
現在のようなお洒落としてネイルの確立は20世紀後半のアメリカからだと言われています。自動車のラッカー塗料からマニキュアが開発されたことも一つの大きな要因でしょう。ネイルアートとしての分野が生まれました。
現在ネイルアートは幾つかの種類に分かれています。手や爪の手入れをし、ネイルアートをし易くするためのネイルケア、爪表面の塗料の代名詞となるほど爪を彩るマニキュア、人工的に作り出されたネイルである人工爪などです。人工爪は美容だけでなく医療現場や老人介護にも用いられています。
またネイルアートを施してくれる技術者をネイリストや、その店をネイルサロンも急速に増えています。
余談ですがネイリストと言うのは実は和製英語です。ネイティブの英語ではマニュキュアリストが使われるのが一般的です。
日本ではネイリストにもネイルサロンにも公的な認可はありません。ですが民間団体であるJNA(日本ネイリスト協会)がネイリスト検定を設けています。
ネイルアーティストと言う職業もあります。これには資格がありません。ネイルアートを行う職業で、ネイリストとの違いは資格と本人たちの意識にしかなさそうです。どこが違うのか訊いてみるのもいいでしょう。