ネイルケアの方法 > 爪の異常状態

爪の異常状態

爪は指先の保護器官です。血流においても最末端の一つで、毛細血管の集中している場所の一つでもあります。その血流を窺い知る事が出来るのが爪です。ですから健康状態をはかるうえでのバロメータとなりえるのです。
時にネイルと称される時は、お洒落のときのためのカタカナ語です。けれど、例えば医者に行く時はネイルとしての爪は遠慮した方がいいことです。
その爪の異常状態について、軽くご紹介します。
色が変に赤くなっていたり、白くなってきているときはもちろん、時に青紫色や黄白色、果ては黒褐色と言ったものに変化していることがあります。こうしたときは健康状態が危険とすらいえます。一刻も早い受診をお勧めします。
他にも症状はあります。卵殻爪と言う症状は爪が白く薄くなり、湾曲してしまいます。内臓疾患や栄養不足によって引き起こされます。ダイエットによる悪影響の一つでもあります。
有名なのは爪真菌症です。水虫です。原因は真菌で、その餌は爪を形成するケラチンです。放っておけば進行する一方です。塗り薬と内服薬で完治するものです。気がついたら早く受診しましょう。
ばち爪は爪の中央が異常に盛り上がり、爪の先端を覆う形となる爪です。これは内臓疾患が原因となる場合に表れることが多い爪です。肺の病や気管支炎などの場合にも現れます。重い病気であることもありえます。
爪そのものが小さく脆くなることがあります。爪甲萎縮症です。皮膚や内臓に疾患がある事が原因です。