ネイルケアの方法 > 爪を丈夫に伸ばすには

爪を丈夫に伸ばすには

ネイル――アルファベット表記はNail――とした時は爪のファッションに関する場合です。この時爪のことをネイルと称します。そのネイルですが、人によって強度や硬さ、薄さが異なります。また環境によっても左右され、季節によっても変化します。また仕事によって弱かったり、荒れてしまったり、欠けてしまうこともありえます。
それを解決して爪を伸ばすのに重要なのは、丈夫にすることです。毎日こまめに手入れをしてあげることで健康で丈夫な爪にすることが出来ます。大切なのは水分です。ですから乾燥は爪にとって大敵となります。その際重要なのが爪の生え際部分の手入れです。ここを乾燥から守れば、必要な水分を蓄えた爪となり、それが伸びてくると言うわけです。
手入れは継続こそが大切です。といって、毎日やるのに手間がかかる方法では長続きしません。簡単な方法をご紹介します。
まずはお風呂上りに手入れをするようにしましょう。身体もリラックスしているし、爪先にも水分が充分です。用意するのはキューティクルオイルとコットン、そしてコットンを巻きつけるためのウッドスティクです。少し硬めの細い棒であればいいです。スティック状のコットンが必要なのです。
そのスティックコットンを少量の水に濡らします。それで爪の甘皮部分を回転してなぞります。余計な角質を取り除くことが目的です。あまり力を入れてこすり過ぎないようにしてください。そしてそこにオイルを塗ります。よく伸びるものなので根元部分に少し塗り、全体に広げましょう。そしてマッサージをすれば終わりです。